福岡市 借金返済 法律事務所

借金や債務の相談を福岡市在住の人がするなら?

借金返済の相談

自分だけではどうしようもないのが、債務・借金返済の問題です。
金額が大きくなってしまい、金利くらいしか返済できない。
借金返済問題は、1人で悩んでいても解決するのは難しいものです。
福岡市にお住まいの人も、まずはネットの無料相談で、司法書士や弁護士に相談してみては?
いきなり事務所で直接相談するよりも、インターネットの無料相談の方が、落ち着いて相談できるのではないでしょうか。
もちろん、福岡市の人でもOKな法務事務所・法律事務所をここでは紹介しています。
1人で悩むより、まず司法書士・弁護士に相談することが、借金解決への第一歩です。

債務整理や借金の相談を福岡市在住の人がするならここ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

福岡市の借金返済・債務問題の相談なら、コチラがお勧め。
弁護士が対応してくれて、しかも全国対応の法律事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
費用の支払いは、分割払いでもOK。
弁護士への相談料はもちろん無料!
借金取り立てのストップも可能です。
過払い金、任意整理、個人再生、自己破産、など、借金について相談できます。。
しかも、365日24時間、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話代無料)で相談受付できるので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!24H電話受付!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務や過払いの悩みを相談できる司法書士事務所です。
任意整理、個人再生、自己破産、など、あなたに適したやり方で借金や多重債務の問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から料金を支払えます。
任意整理も、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいので、おトクに解決できます。
債権者数が1、2件でも対応してくれるのも助かります。
女性専用の相談窓口もあるので、女性も安心して相談できることでしょう。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用・相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

福岡市在住の方が借金や債務整理の相談をするなら、コレもオススメです。
「借金解決診断シミュレーター」という、ネットを使った借金解決のための診断ツールです。
とても簡単な5つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士へ直接相談するのは、少し怖い。
そんな人にもピッタリです。
しかも、匿名で、無料で利用できます☆
キライ全国対応している法務事務所・法律事務所のサービスなので、福岡市在住の方も安心です。

◆特徴◆
  • 5つの質問に答えるだけ!
  • 借金を減額する方法が分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのか分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
借金・債務の悩み、無料&匿名で相談・診断してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談と診断を。

他の福岡市近くにある法務事務所や法律事務所の紹介

他にも福岡市にはいくつかの弁護士や司法書士の事務所があります。参考にしてください。


●司法書士だいふく法務事務所
福岡県福岡市博多区比恵町2-24
092-432-3567
http://daifuku-law.com

●州都綜合法務事務所(司法書士法人)
福岡県福岡市中央区今泉1丁目22-13
092-406-4407
http://shuto-office.com

●金山国際司法書士事務所
福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目15-5駅前二丁目ビル5F
092-433-1220
http://kanayama-international.jp

●宮地司法書士事務所
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目16-13上ノ橋ビル5F
092-402-3355

●あい司法書士法人・福岡
福岡県福岡市中央区赤坂1丁目6-15日新ビル4階
0120-260-810
http://ai-lpo.net

●長谷川忠総合法務事務所
福岡県福岡市中央区荒戸2丁目4番51005号
092-751-1381
http://www5e.biglobe.ne.jp

●かじ司法書士・行政書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目8-10ライオンズマンション舞鶴第22F
092-741-1850

●馬場綜合法務事務所
福岡県福岡市南区野間2丁目5-5ジュネス野間1F
092-512-5718
http://members.jcom.home.ne.jp

●司法書士マインド法務事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23
092-724-3645
http://mind-law.com

●豊福隆司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴2-4-13九州DKビル2F
092-781-6271
http://office-toyofuku.com

●池田信一郎司法書士事務所
福岡県福岡市中央区舞鶴3丁目6-23サンハイツ舞鶴4F
092-724-7754
http://968-low.jp

●谷口司法書士事務所
福岡県福岡市中央区長浜2丁目3-1ネオハイツ舞鶴ノール5F
092-762-3210

福岡市にある地元の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、「診断シミュレーター」やインターネットからの無料相談の方が、不安なく相談できるという方も多いのではないでしょうか。

多重債務や借金返済に福岡市在住で悩んでいる状態

借金が増えすぎて返済できなくなる理由は、ギャンブルと浪費が大半です。
競馬やパチスロなど、依存性の高い賭け事に夢中になり、借金をしてでも続けてしまう。
そのうちに借金はどんどん多くなり、とても返せない額に…。
もしくは、ローンやキャッシングでブランド物や高級品を大量に買い続け、借金も日増しに膨らんでいく。
バイクや車の改造など、お金のかかる趣味に入れあげてしまうのも、「浪費」の内に入るでしょう。
自分の責任で借りた借金は、返さなければなりません。
ですが、金利が高いこともあって、返済するのが難しくて困っている。
そういった時ありがたいのが「債務整理」です。
司法書士や弁護士に相談して、借金問題の解決に最も良い方法を探ってみましょう。

福岡市/債務整理のデメリットはどんなものか|借金返済

債務整理にも多様な手口があって、任意でやみ金業者と協議をする任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産又は個人再生というジャンルが在ります。
じゃあ、これ等の手続について債務整理のデメリットというようなものがあるでしょうか。
これらの3つの手口に同じようにいえる債務整理の不利な点と言うのは、信用情報にそれ等の手続きを行った事が掲載されることですね。言うなればブラックリストと呼ばれる状況に陥るのです。
としたら、概ね五年〜七年の期間は、クレジットカードが創れなくなったり又は借金が出来なくなります。けれども、あなたは返済額に苦しみ続けこの手続を行うわけですので、もう暫くは借り入れしないほうが良いのじゃないでしょうか。じゃローンカード依存にはまり込んでいる方は、逆に言えば借入が出来なくなる事によって不可能になることで救済されると思います。
次に個人再生や自己破産の債務整理のデメリットですが、官報にこれらの手続を進めた事実が掲載されるということが上げられます。とはいえ、あなたは官報等観た事がありますか。逆に、「官報ってなに?」といった人のほうが複数人いるのではないでしょうか。
実際のところ、官報は国がつくるする新聞に似たものですが、やみ金業者などの極一部の人しか目にしません。だから、「破産の実態が周囲の方々に広まる」などということはまずないでしょう。
最後に、破産独特の債務整理の欠点ですが、1回自己破産すると7年という長い間、二度と自己破産出来ません。これは十二分に留意して、二度と破産しなくてもよい様にしましょう。

福岡市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/借金返済

率直に言えば世の中で言われているほど自己破産のリスクは多くないのです。土地、マイホーム、高価な車など高価値のものは処分されるのですが、生活していく上で必ずいるものは処分されないです。
又20万円以下の貯蓄は持っていていいのです。それと当面の間数か月分の生活費が百万未満ならば取り上げられることはないのです。
官報に破産者の名簿として掲載されるのですがこれも僅かな人しか目にしないでしょう。
又言うなればブラック・リストに掲載されてしまい七年間ほどの間はキャッシング若しくはローンが使用出来ない情況となるが、これは仕様がないことです。
あと決められた職につけなくなるということが有るのです。しかしこれも極限られた範囲の職種なのです。
ですので債務超過で返すことが出来ない借金を抱え込んでいるのならば自己破産を進めるのも1つの手段でしょう。自己破産を実行したならばこれまでの借金がすべてゼロになり、新規に人生を始められるということで長所の方が多いと思います。
また自己破産者は公法上の資格制限とし弁護士・公認会計士・司法書士・税理士などの資格は取り上げられます。私法上の資格制限とし後見人・保証人・遺言執行者にもなれないのです。又会社の取締役等にもなれません。けれどもこれらのリスクは余り関係がないときが多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃ無いはずです。

関連ページ